読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UXエンジニアになりたい人のブログ

転職活動はじめてすぐやめた

スイスフランショック発生直後の値動きを調べてみた

http://www.flickr.com/photos/21450297@N06/3350812699

photo by chrisinplymouth

スイスフランショックの以下の記事にブクマコメントしました。

スイスフランが5分で1600pips動く歴史的相場を形成。FXしてたら破産というか死人が出るレベル : IT速報

1tickで200pips飛んだ、というのは重要な情報だな

2015/01/17 09:57

大きな値動きがあった時にtickがどのくらい飛んでるかはストップロスの執行に大きく影響するので、以下のサイトからスイスフラン/円のtickデータ*1を取得して調べてみました。

http://www.dukascopy.com/free/candelabrum/

 

なお、このデータですが、18:28:00からの1分間(通常時の)のtickは99。tick間隔は平均0.165秒。最大tick間隔2.1秒でした。体感だと国内証券会社よりちょっと悪いくらいですかね。

 

ざっくり概要

タイムスタンプはUTCです。日本時間では+9時間です。会見開始は日本時間18:30です。肝となる発表は正確には何時何分何秒だったんでしょうか。。。(おそらく18:31:00前後か?)

 

09:30:00.120:会見開始。この時点で1スイスフラン115.03円

09:30:46.673:最初の変化。0.32秒のtick間で12pips上昇。レート115.086

09:31:00.041:09:30からの1分間で、10pips以上の上昇が13回、下降が3回。09:30からの上昇幅は452pips。上昇幅は凄まじいが、tick数は230、最大tick間隔は2.03秒。システム的には正しく動作している。レート119.555

09:31:14.658:tick間隔が10.72秒となり、tick間の変動が+384pips。これ以降、tick間隔が数秒間隔になる。レート124.504

09:31:22.969:tick間隔5.72秒、tick間変動-575pips。レート120.353

09:32:00.640:09:31からの1分間で、10pips以上の上昇が8回、下降が8回。変動(始値と終値の差)は+17pipsであるが、変動幅(ボラリティ)は1994pips。tick数45、最大tick間隔15.6秒となり、システム的に動作がかなりあやしくなる。レート120.198

09:32:41.848:このあと、09:34:19.082までの1分半以上、一度もtickが更新されなくなる。レート119.837

09:34:43.380:このあと、次のtickがくるまで約2分。レート120.464

09:36:35.484:2分ぶりに来たtickでtick間変動が+215pips。そして次のtickがくるまで約3分。レート122.619

09:39:52.520:3分ぶりに来たtickでtick間変動が+1026pips(10.26円)。レート132.882で、既に9:30時点から1785pipsの上昇

09:42:41.067:3分ぶりのtick。変動+765pips。レート137.981

09:46:12.421:3分半ぶりのtick。変動+320pips。レート141.183

09:46:46.533:最高レート149.505を記録。9:30時点から+3447pips

09:56:33.137:約10分ぶりのtick。tick間変動-1772pipsでこれが最大。また、tick間隔約9分46秒でこれも最大。レート131.741

10:01:25.549:約5分ぶりのtick。このあと、10:13までわずか11回しかtick更新されない。レート135.907

10:13:30.521:tickが若干安定しだす。レート131.486

10:14:02.968:10:13からの1分間、tick数25。変動幅は273pips。レート130.623

10:15:02.037:10:14からの1分間。変動-59pips。変動幅1336pips。tick数173、最大tick間隔2.9秒でシステム的には完全に落ち着きを取り戻す。レート130.185

10:16:00.068:10:15からの1分間。変動+11pips。tick数172、最大tick間隔2.6秒。落ち着きましたね。この時点でレートは130.328。9:30からの変動は+1529pipsでした。おつかれさまでした。

 

コメント

要するに200pipsどころじゃなく、最高で1tickで1772pipsも変動していたとw 

これは10分近くtickが来てなかった状況で例外だとしても、09:31:14の時点(おそらく情報開示から1分未満)の時点で10秒384pipsという変動を記録している。文字通り「一瞬」で4円近く変動があったと*2。これはあかんやろ・・・w

また、40分近くシステムがまともに動いていなく、最悪10分もtickが更新されず、更新された瞬間に1700pipsの変動(笑)を喰らう可能性があると。あかんw

 

まあサーバーにもよるし、国内証券会社であればもう少しまともだったかもしれませんが、かなりリスキーであるとは言えますね。

こんなことは滅多に起こらない(死人が出ると言われるレベルの変動でもこの1/5くらい、tickで100も飛ぶなんてほとんどだれも想定してない)とはいえ、ある通貨が破綻でもしたらこれかこれ以上の状況になることは予想されるので、やっぱりFXには一定のリスクがあるのですねえ。

わたしはギャンブルとしてFXやってるので、掛け金がなくなるのはかまわないけど借金は困るなあ、と思ったのでした。

 

余談

ちなみに、海外の(ていうか海外に所有地があるだけで実態は日本人向けの)FX業者の中には、ゼロカット方式という、証拠金以上の債務を背負わない有限責任制を採用している業者もあるようです。

ちょっと真剣にそっちを考えてみたいけど、でも海外業者はもっと基本的な問題がありそうなところが多くてちょっとなあ、と*3

*1:tickとは取引における最小時間。「一瞬」と考えておおむね間違いでない。tick間隔は一定ではなく、業者や状況により変動する。まあpingみたいなもん。pipsは通貨の単位。スイスフラン/円の場合は1pips=1銭

*2:為替介入などでこれくらいの変動を記録することはあるが、それは10分とか30分とかの単位での変動である。10分間だとしても数千回の「瞬間」があるので十分「逃げられる」というのが多くの人の認識であった

*3:ちなみに、海外向け日本人向けFX業者というのはアフィリエイトのよい商材らしく、ゼロカットでググるとアフィがたくさんヒットしますw