UXエンジニアになりたい人のブログ

転職活動はじめてすぐやめた

オンラインホワイトボードコーディングテストの心得

転職活動でオンラインホワイトボードコーディングテスト(zoomでつなぎながらテキストエディタ共有サイトでコードを共有するパターン)をやったので、その心得を書いていきます。

ちなみに結果は、超簡単な問題だったにもかかわらず、テンパってしまい面接官の言われるがままコードを書いてなんとか完成させるもののもちろん落選というもので。

結構行きたかった企業の1次面接だったので、だいぶ落ち込みました。ということなので、心得というか、失敗談ですね。

 

いきなりコードを書き始めない

あとになって思い返すと、これが全てだったかな。お題が与えられたときに、どういう雰囲気で解こうとしているか、どういう処理をして、結果がどう変化していくと想定しているのか、説明すべきだったと思う。

多分ホワイトボードがあれば、配列とか集合とかの絵を描いて雰囲気説明するんだろうけど。

 

これをしないと面接官となにをどうやろうとしてるかの意思共有ができなくて、(自分からすると)的外れなツッコミを受けて混乱することになります。

あと、多分「物事を論理的にとらえてるか」とか、「人にわかりやすく説明できてるか」とかの採点指標になってる気がします。知らんけど。

最悪、説明がうまくできてれば多少コードがあれでも通るのではないかとかも思ったり。ま、面接官じゃないんで知らないですけど。

 

面接官のプレッシャーに慣れておく

コーディング中は、面接官がかなりサポートしてくれます。あれ?そこ〇〇が抜けてない?とかそういうことを言ってくれる。すごく親切。

 

親切…なんですが、これはめちゃくちゃプレッシャーになります。特にどうコーディングするかをうまく共有できてない状況だと、「あれ?なんか言われてるけどなんのこと?どこのこと?よくわからない。スルーするのもおかしいし。とりあえず直すけど、あれ?ここをこうすると全体はどうなるわけ?なんだ?なんだ?」となります。

 

そもそも、相手方だけが一方的に「答え」を知っていて、即座に口出しはしてくるけれども正解を教えるわけでもない、という状況はわりと特殊です。実務上、経験したことがない人もおおいとおもいます。

ペアプロだったら「一緒に考える」が出発点だし、わかんなかったらわかる方が書いてから解説しますからね。そもそも、コーディング複数人でやったことある人自体も少ないですよね。

 

このシチュエーション、練習しようがないのが特にアレなんですが、ともかくそういうことが起こるという心構えは必要でしょう。これ、面接官本人が親切のつもりでやってるのがさらにたちが悪い。正直、だまっててほしかったです。

 

競技プログラミングサイトで練習すべきかどうかは微妙

就職転職の面接だと、AtCoderやLeetCodeみたいな競技プログラミングサイト(以下競プロ)チックな実技試験もあります。この手のサイトで練習しといた方がいいという意見もよくみますが、ちょっと微妙です。

 

理由の1つ目は、ホワイトボードテストの問題は競プロの問題と比べて多分かなり簡単であろうということ*1

その場でロジック考えて説明して、話しながら改良して、という性質から考えると、広がりはあるものの書ききること自体は簡単な問題が出ると考えるのが妥当でしょう。

なので、競プロで練習しまくっても本番が簡単すぎて練習の意味がなくなる可能性があります。

 

2つ目は、競プロとホワイトボードテストは作業手順が異なること。競プロは、コンパイルもテストも通す必要があるけども、1人で黙々進めることができます。ググることもできるし、とりあえず書いてみてからテスト通すことを目的にバグつぶししていくこともできます。

わたしも今回初めて気付いたのですがこのタイプのコーディングをしてます。ザクっと雰囲気で書いてからリファクタしていく、という。

 

対して、ホワイトボードでは、まず概要を説明してからツッコミに耐えながら描き続けなければなりません。コンパイルが通る必要は全くないですが、コードで正しく意図を表現できる必要がありますし、要点だけをコード化しなければなりません。

AtCoderで難しい問題が解けるようになっても、それより遥かに簡単な問題の、要点部分だけを書いて、それをわかりやすく説明しなければならないですし、そもそも書き始める前に概要を言わなければなりません。

その辺意識して競プロで(たとえばコード書く前に口で説明してみるとかそういう手順を入れて)練習するなら良いのですが、ただ単にドリル的にサイトの問題を解きまくると本番で思わぬ落とし穴が来るかもしれません。

 

結局どうすればよいか

あまり答えは出てないですが、面接時の状況としてはペアプロがいちばん近いのかなあと。スーパープログラマーに簡単な問題出してもらって、横でつっこまれながら書いていって慣れる、とか?

まあ、あとはホワイトボードテストを依頼された時点でその会社はご縁がなかったとして諦めるとか。自分はいまはこの気持ちですね。あまりに出来が酷かったので、面接直後に落ち着いて書き直したら5分で完成できましたし。いまだになぜできなかったのかよくわかっていない。ただただ苦手意識だけが植え付けられてトラウマです。

参考になれば。

 

 

*1:n数1であれですが