UXエンジニアになりたい人のブログ

転職活動はじめてすぐやめた

【答え合わせ】iPhone6の戻るボタン問題にAppleが採用した斜め上の対策

以前、iPhone6で巨大化したら戻るボタンに手が届かねーよ、という趣旨の記事を書いた。その派生でもうひとつ、長い記事も書いた。

iPhone6が露呈させるかもしれないiOSのデザインリスク 

成功したがゆえに崩壊しつつあるiOSのシンプル哲学 

 

わたしは大真面目に考えた。みんなのコメントも大真面目であった。

さて、去る9/10にiPhoneは発表され、実際に画面は5.5インチになった。それとともに、Appleは「Reachability」という戻るボタン対策を入れてきたのである!Vineに動画が上がっていたようなのでそれをご覧いただこう。

おわかりいただけるだろうか。TouchID(指紋センサー)をダブルタップする(ボタン押しではなくて、触るだけ*1 )と、画面の上半分が下に落ちてくるのだ。

ほら片手で操作できる。iPhoneならね、って...

 

...なんじゃこりゃwwwww

 

無理矢理すぎるだろwww

わりと使いやすそうなところがじわじわくるwwww*2

いやしかしそれよりなによりこの無理矢理感がじわじわきてやばいwww 真面目に長文書いた自分のアホくささ半端ないwww

f:id:uxlayman:20140911071237p:plain

Apple - Live - September 2014 Special Event(14:35前後)

これを発表する際のフィル・シラーの胸中を察するとまたもやじわじわくる*3。スライズダウーン、じゃねえよwww ジェスチャーつけてんじゃねえよwww

ほんと、じわじわ祭りであった。

 

*1:ボタン押しの方はご存知の通りタスク切り替えに割り当てられてる

*2:Reachabilityのダブルタップ+1タップで3動作になって手間がかかるという意見があるようですが、タップの反応早いから多分そこまで違和感ないんじゃないかな

*3:ちなみにこの少し前にiOS7からエッジスワイプ入れたよーって話がちょびっと入ってました